家づくりのスタンダードは土地によって違う!

こんにちは、macoです。

今日はわたしが家を建てる前に驚いたことをご紹介します!

家づくりに関する夫とわたしの認識の違い

わたしの実家は、団地→一戸建て→分譲マンションとマイホームを2度購入しており、

わたしの家づくりに関する知識といえば実家が基準。

当時親が建てた一戸建ては30坪前後の土地で3500万ほど。

基本は、土地を購入した業者が区画割りをし、似た外観の建売住宅をたくさん建てて販売する。

注文住宅はお金持ちが建てるもの。

そんなイメージでした。

ところが嫁ぎ先の地域は、基本は注文住宅。

ひとつの分譲地内で違う業者が混在し、同じような家が並んで建っていることはありません。

新規分譲地ならば、欲しい土地面積を業者に交渉して区画割りしてもらう。

そんなところからのスタートなんです!

また「分譲地」という言い方ではなく、「団地」。

団地ってこんなイメージなんだけど!

maco

また、平地と高台では、高台のほうが土地が高いという芦屋イメージがあったのですが(笑)、

ここでは平地のほうが土地が高い!

えっ、それやったら景色のいい高台のほうがええやーん!

maco

しかし夫いわく、

田舎の人は、いつも自然に囲まれてるから、いちいち家から景色が見たいなんて思わない。

とのこと。

まぁ、それは人によって見解が違うと思うけど・・・。

ずっとこの土地に住んでいる夫には当たり前のことでも、私にはいちいち驚きでした。

夫と話がかみあわないだけでなく、不動産屋さんと話していても、この認識のズレがけっこうやっかいだったな~(笑)

団地団地って何言ってんねん!一戸建て建てるって言ってるやんかー!みたいな。

結論:まずその土地の情報収集をすべし!

本やネットでも家づくりの情報収集はできますが、

その土地によって風習や呼び方が違ったり、スタンダードとされていることは違います!

業者と顧客に認識のズレがあったりすると、あとあと面倒なので、

ぜひその土地での家づくりのスタンダードとはどういうものか?リサーチしてみてください^^

もし知り合いで家を建てられた方が近くにいらっしゃったら、

いろいろヒアリングさせてもらうと、とても参考になると思いますよ~♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキング参加中♪

参考になった!という方は、応援ポチよろしくお願いします!

にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です